【Windows11】PrintScreenキーひとつで画面を切り取り画像保存!『Snipping Tool』

2023-08-25

以前、「パソコン画面を簡単に切り取り、スクリーンショット(キャプチャ)&書き込みできる時短ワザ!」で、Windows10の「切り取り&スケッチ」アプリをご紹介しました。その機能がWindows11では「Snipping Tool」という名前に変わり、更に便利になりました!!今回は、Windows11のスクリーンショットアプリ 「Snipping Tool」をご紹介します。起動&操作方法は次の通りです。

[PrintScreen]キーで一発起動!!

これまで、[PrintScreen]キーといえば、全画面がキャプチャされるキーでした。Windows11では、全画面キャプチャだけでなく、切り取った画面も画像として保存できます!!

切り取りたい画面上で [PrintScreen]キー を押すと、グレーがかった画面になります。これだけで「Snipping Tool」は起動しました!

切り取り&スケッチスクリーン1

上部にあるボタンで全画面キャプチャだけでなく、切り取り方法を選択することができます。

切り取り方法は左から
 四角形モード、自由領域モード、ウィンドウモード、全画面モード
となります。一番右の×ボタンを押すと、「Snipping Tool」が終了し、もとの画面に戻ります。

四角形モード(一番左のボタン)を選択した場合、マウスでドラッグして切り取りたい領域を選択します。

デスクトップの右下に「スクリーンショットがクリップボードにコピーして保存しました」という通知が表示されます。
ペイントやWordなどのアプリを開き、切り取った画像を貼り付けることができます。

[Window ロゴ] + [Shift] + [S] キーで起動  

切り取りたい画面上で [Window ロゴ] キー + [Shift]キー + [S]キー を同時に押すと、グレーがかった画面になります。
Windows10の「切り取り&スケッチ」アプリと同じショートカットでSnipping Toolが起動します。
以降の操作は目次1と同様です。

[スタート]から「Snipping Tool」を起動

画面左下の[スタート] を押し、Snipping Toolを選択します。
(なかなか見つからない場合は、検索窓にSnipping Toolと入力して探してください。)

起動すると、下のようなウィンドウが表示されます。
切り取りを開始するには、ウィンドウ左上の「新規」を押します。または、目次2と同様、[Window ロゴ] + [Shift] + [S] を押します。


グレーがかった画面になったら、目次1の操作と同様に切り取りたい領域を選択します。


選択した領域が切り取られ、アプリに表示されます。

アプリ上で切り取った画像への書き込みや保存ができます。

切り取った画像は「スクリーンショット」に保存されます!

切り取った画像はすべて「スクリーンショット」というフォルダに自動で保存されています。
エクスプローラーから ホーム>ピクチャ>スクリーンショット を参照してください。
※保存されていない場合は、右上の3点ボタンから設定を確認してください。

便利になった「Snipping Tool」を使って画面を自由自在に切り取ってみましょう!!

参考:Microsoftサポート「Snipping Tool を使ってスクリーン ショットをキャプチャする」

カテゴリー:技術ブログ タグ: , ,

今一番おすすめ!

三重県でIT会社をお探しの方に「三重県IT企業一覧」【追加掲載依頼受付中】

三重県にIT企業ってどれぐらいあるのだろう?からスタートしました!こちらから≫